Cypress EZ-USB FX2LPベースのロジックアナライザ(オープンソースsigrok PulseViewを使用)- KBA229176 - Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by  NoTa_4591161 Expert      Version: *A

     

    Translation - English: Cypress EZ-USB FX2LP-based Logic Analyzer using Open Source sigrok PulseView - KBA229176

     

    質問:オープンソースのsigrok PulseViewを使ってロジックアナライザとしてCypress EZ-USB® FX2LP-based kitどのように使用するのでしょうか?

     

    回答:

    1は、CY7C68013Aミニボードを示しています。

     

    1. FX2LP CY7C68013Aミニボード

    1.png

     

    このミニボードには2つのバリエーションがあります。1つはジャンパーJ1があり、もう1つはジャンパーが2つ(J1およびJ2)あります。どちらのボードにも、オン/オフスイッチとRESETプッシュボタンが付いています。ボードには、デバイスのVID / PID / DIDを保持するために使用されるEEPROM16 KB)もあります(ホストがデバイスを識別して正しいドライバーを決定するために使用)。

     

    2つのジャンパーを備えたボードは、FX2LPロジックアナライザのテストに使用されました。このナレッジベースの記事(KBA)に添付されている回路図を参照してください。J1は、Vccから2つのLEDを接続または切断します。これらのLEDD0およびD1に接続されています。J2EEPROMの上位アドレスビットを制御し、ジャンパーに応じてI2Cアドレス0x51に表示されます。

     

    • J2の取り付け:デフォルトのUSBディスクリプタを使用してブートローダーモードで起動します。
    • J2の取り外し:アドレス0x51が表示され、大きなEEPROMとしてプログラムできます。

     

    以下の手順に従って、CY7C68013Aミニボードを使用してFX2LPロジックアナライザをテストします。

     

    1. このリンクからご使用のホストOS用にsigrok からPulseViewをダウンロードします。
    2. sigrokファームウェアファイル fx2lafw/api.cからVID / PIDの組み合わせを選択しますこの例では、16チャネルロジックアナライザーに対応する0x1d50および0x608dを使用しています。
    3. このVID / PIDをキットEEPROMプログラムするには、選択したVID / PIDを含む*.iicファイルを準備します。この.iicファイルの形式は- 0xC0 VID(L) VID(H) PID(L) PID(H) DID(L) DID(H) コンフィグレーションバイトです。

     

    この例では、EEPROMの内容は0xc0 0x50 0x1d 0x8d 0x60 0x20 0x20 0x00です(添付の*.iicファイルを参照)。

     

    4. ボード上のJ2ジャンパーを取り付けし、USB Mini-B-Aケーブルを使用してキットをプラグインします。デバイスは、サイプレスUSBコントロールセンターアプリケーションでCypress FX2LP No EEPROMデバイスとして表示されます。

    5.  J2ジャンパーを取り外します。サイプレスのUSBコントロールセンターのアプリケーションでは、ボード上のEEPROMは大きいので.licファイルをプログラムするためにパスProgram -> FX2 -> 64KB EEPROMで行います。ステータスバーでプログラミングステータスを確認してください。

    6. プログラミングが完了したら、キットのリセットボタンを押します。デバイスは、プログラムされたVID / PIDを使用してEEPROMから起動し、このVID / PIDにインストールされたドライバーがないため、デバイスマネージャーに不明なデバイスとして表示されます。

    7.  2示すように、Zadigツール(PulseViewと共にインストールされる)を使用して、このデバイスをWinUSBドライバーにバインドします。

     

     

    ドライバーがインストールされると、ドライバーが正常にインストールされたことを示すポップアップが表示されます。デバイスは、デバイスマネージャーで不明なデバイス#1として表示されます。

     

    2. Zadigを使用したWinUSBドライバーへのバインド

    2.png

     

    8. PulseViewアプリケーションを開き、デバイスが選択されているかどうかを確認します。<デバイスなし>と表示される場合は、以下の手順に従ってデバイスを選択します。

    9. ドロップダウン矢印をクリックして、[ Connect to Device]選択します

    10. [ Connect to Device ]ダイアログで、ドライバーとしてfx2lafwを選択します。

    11. [ Scan for devices using driver above]クリックします。デバイスsigrok FX2 LA (16ch) with 16 channels選択します

    12. OKクリックします。

     

    3, PulseViewでデバイスを選択する

    3.png

     

    13. [ Run ]をクリックして、チャネルでキャプチャを開始します。ボード上のピンPB0PB7およびPD0PD7は、それぞれチャネル07および816として機能します。4は、16チャネルロジックアナライザーとしてのデバイスのキャプチャセッションを示しています。チャネル0およびチャネル1は、I2Cトランザクションからのデコードされたキャプチャを示しています(詳細については、PulseView user guideデコーダーを参照してください)。

     

    4. PulseViewでデータを表示する

    4.png

     

    参考文献: