PSoC® 4000 のクロック設定 - KBA91259 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  Motoo Tanaka Expert       Version: *B

     

    Translation - English: Configuring Clocks in PSoC® 4000 - KBA91259

     

    質問:

    PSoC® 4000 デバイスのクロックコンフィグレーションはどのように行うのですか?

     

    回答:

    PSoC 4000 のクロックソースは 2種類あります:高周波数と低周波数です。高周波数クロックソースには内部メイン発振器 (IMO) と外部クロック (EXTCLK) およびそれらから生成されるクロック - システムクロック (SYSCLK) と 高周波数クロック (HFCLK) が含まれます。低周波数クロックソースには内部低速発振器 (ILO) とそれから生成されるクロック - 低周波数クロック (LFCLK) が含まれます。クロックは PSoC Creator™ プロジェクトの cydwr ファイル内で設定されます。ワークスペースから [Project名].cydwr ファイルを開いて Clocks タブをクリックしてください。

     

    高周波数クロックを編集するのには、任意の高周波数クロックソースを選択して Edit Clock ボタンをクリックしてください。

    図 1 の Configure System Clocks ウィンドウが表示されます。

     

    図 1. Configure System Clocks ウィンドウ - 高周波数クロック (High Frequency Clocks)

     

    001-183020.png

     

    High Frequency Clocks タブでは以下が可能です

    • IMO と EXTCLK を有効化/無効化する。
    • HFCLK のクロックソースに IMO か EXTCLK を選択する。
    • IMO, HFCLK, SYSCLK の周波数を設定する。
    • HFCLK の分周比を '1', '2', '4', '8' のどれかに設定する。
    • SYSCLK の分周比を '1', '2', '4', '8' のどれかに設定する。

     

    低周波数クロックを編集するのには、Configure System Clocks ウィンドウで Low Frequency Clocks タブをクリックしてください。図 2 参照。

     

    図 2. Configure System Clocks ウィンドウ - 低周波数クロック (Low Frequency Clocks)

     

    002-183021.png

    このタブでは以下が可能です

    • ILO と ウォッチドッグタイマ (WDT) ブロックを有効化/無効化する。
    • WDT ブロックのモードを汎用フリーランニングタイマかウォッチドッグタイマに設定する。
    • WDT ブロックの周期を設定する。
    • 自動生成割込み処理ルーチンかカスタム (ユーザー作成) ルーチンを選択する。

    低周波数クロックとWDTの設定に関する詳細は (PSoC Creator の Help メニューからアクセスできる) System Reference Guide の LFCLK コンポーネントデータシートをご参照ください。

     

    訳者はこの機能は確認できませんでした。