CY4532 CCG3PAキットに関するよくある質問 – KBA226613 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161 Expert      Version: **

     

    Translation - English: Frequently Asked Questions on CY4532 CCG3PA Kit – KBA226613

     

    質問

    キットの機能が電源アダプタ(power adapterPA)か電源バンク(power bankPB)かを識別する方法は?

     

    回答:

    以下の手順に従って、CY4532 EVKにロードされたアプリケーションファームウェアタイプ(PA / PB)を特定します。

    1. 電源アダプタをCY4532 EVK電源ボードのDCジャック(J3)に接続します。
    2. 電源ボードの入力電源選択スイッチ(SW1)を「DC入力」位置に設定します。
    3. 緑色の電源LEDが点灯し、オンのままであることを確認します(以前のバージョンのEVKでは、点滅してオフになります)。LEDが点灯するためには、ジャンパーJ14が必要です。
    4. メインボードジャンパーのJ41-2J62-3になっていることを確認します。
    5. マルチメーターを使用して、GND TP16を基準にした黄色のテストポイントTP11CC1テストポイント)、およびGND TP16を基準にしたTP8CC2テストポイント)の電圧を測定します。キットにプログラムされているアプリケーションファームウェアタイプを確認するには、表1を参照してください。

     

    1.さまざまなアプリケーションのためのCCラインの電圧範囲

    詳細については、キットガイドを参照してください。

     

    質問: PAPB FWも検出されない場合はどうすればよいでしょうか?

     

    回答: PAファームウェアもPBファームウェアも検出されない場合は、デフォルトのキットファームウェアをコントローラーにプログラムする必要があります。USBマイクロBケーブルをPCから電源ボードに接続し、ダウンロードしたキットソフトウェアに付属のデフォルトのCYACDファームウェアを使用して、EZ-PDコンフィグレーションユーティリティを使用してFWを更新します。詳細な手順は、CY4532 EVK user guide Section 4に記載されています。

     

    質問: CCG3PAコントローラーがEZ-PDコンフィグレーションユーティリティで検出されない場合はどうすればよいでしょうか?

    回答: CYPD3171UFP-AMA)デバイスがEZ-PDコンフィグレーションユーティリティで検出されない場合は、以下を確認してください。

    1. CY4532 EVKメインボードのジャンパーJ2J3、およびJ4が、EVKにロードされている既存のファームウェアに従って正しく設定されていることを確認します。
    2. 既存のファームウェアに従って電源が供給されていることを確認します。

     

    SDK以外で)ファームウェアを変更し、電源とジャンパーの設定を確認してもCYPD3171UFP-AMA)デバイスが検出されない場合は、以下の手順に従って、デフォルトのCCブートローダーをフラッシュし、提供されているキットのバイナリ使用してファームウェアを更新します。

     

    1. キットの外部電源をすべて取り外します(DC電源/バッテリー / Type-Cデバイス)。

    2. 電源ボードのJ6およびJ7のジャンパーを取り外します。

    3. メインボードのジャンパーJ6で、ピン23VTARG – VDDD)をショートさせます。

    4. MiniProg3プログラマ/デバッガ(CY8CKIT-002)をメインボードのSWDヘッダーJ1に接続し、MiniProg3 USBインターフェイスをPCに接続します。

    5. PCPSoC Programmerユーティリティを開きます。MiniProg3が検出されていることを確認し、Programmerの設定が次のようになっていることを確認します。

     

             a)    Programming Mode: Power Cycle

    b)    Verification: On

    c)    Connector: 5p

    d)    AutoDetection: On

    e)    Clock Speed: Default

    f)     Protocol: SWD

    g)    Voltage: 3.3 V

     

    6.   ブートローダーHEXファイルをEZ-PD CCGx Power SDK\CCGx\Firmware\binaries\CYPD3171-24LQXQ_cla\CYPD3171 24LQXQ_cc_sink_boot_3_1_1_1458_0_0_0_pb.hex として選択します。

    7. デバイスをプログラムします。フラッシュが成功したら、MiniProg3を取り外します。

    8. メインボードのジャンパーJ6を使用して1-2VDDD – VDDD CCG3PA)をショートし、メインボードのジャンパーJ5およびJ7をロードします。

     

    9. DC入力からボードに電源を供給し、マイクロBケーブルを使用して電源ボードをPCに接続します。EZ-PDコンフィグレーションユーティリティは、PD契約を確立し、CYPD3171 UFPを識別できるようになります。

     

    質問: CY4532で使用できるバッテリーの仕様は何でしょうか?

     

    回答: CY4532は、パワーバンクアプリケーション向けに1セルおよび2セルの標準品質のリチウムイオンバッテリーをサポートしています。R14R23は、それに応じて電源ボードにロードする必要があります。表2に、CY4532で使用するバッテリーの仕様を示します。アプリケーションで必要な場合は、リストされている仕様を超えることができますが、保護イベントの誤ったトリガーを防ぐためにPBファームウェアを適切に変更する必要があります。

     

    2CY4532 PBアプリケーションのリチウムイオンバッテリー仕様

     

    質問: PBアプリケーションで、Type-Cデバイスは、バッテリーがType-Cデバイスに放電するのではなく、バッテリーを充電してしまいます。

     

    回答:これは、次の理由により発生する可能性があります。

    1. バッテリーがほとんど空で、EVKとデバイスに電源を供給するのに十分な充電がありません。
    2.
    バッテリーがフルであっても、Type-Cデバイス(ノートブックなど)がEVKType-Cポートに接続された後に接続されました。これにより、CCG3PAデバイスがシンクの役割になります。次に、デバイスはType-CデバイスとPD契約を確立して電源を引き出します。これを回避するには、PBアプリケーションでType-C DRPデバイスを接続する前に、必ず最初にバッテリーを接続してください。

     

    質問: VCONNサポートをEVKに追加するにはどうすればよいですか?

     

    回答: CY4532キットは、電源アダプタ(PA)アプリケーションのVCONN動作をサポートするように変更できます。

     

    CY4532キットでVCONN操作を実行するには、次のアイテムが必要です。

     

    1. EZ-PD CCGx Power SDKからファームウェアCYPD3171-24LQXQ_claを完了。
    2. PSoC Creator™4.2バージョン- www.cypress.com
    3. アプリケーションが100 Wの出力を必要とする場合は、24 V / 5 A電源を供給。

     

    以下の手順に従って、CY4532キットでVCONN動作を有効にします。

     

    1.     VCONN操作用のハードウェアを更新します

     

    a.    電源またはCY4532 EVKに接続されているバッテリーを取り外します。

    b.    CY4532電源ボードからCY4532メインボードを取り外します。

    注: CY4532メインボードを取り外すには、ボードの長い方の端を持ち、持ち上げます。

     

    c.     VCONN選択ジャンパーJ6(位置2-3)およびJ7(位置2-3)を移動します。

    d.    R5にある0-Ω抵抗を外し、R1に実装します。

    e.    R54にある0-Ω抵抗を外し、R42に実装します。

    注:新しい抵抗をR23に実装する場合は、0.0-Ω、0603パッケージ、22.4 Aの電流定格の仕様を満たしていることを確認してください。図1は、変更が必要な主要なハードウェア領域を示しています。

     

    f.      CY4532メインボードをCY4532電源ボードに取り付けます。

     

    1. VCONN操作におけるハードウェア設定

     

    これで、ハードウェアはVCONN操作の準備ができました。

     

    PA-VCONN設定からPA-通常構成(工場出荷時のデフォルト状態)に切り替えるには:

      1. R42の抵抗を外して、それをR54に実装します。
      2. R1の抵抗を外して、それをR5に実装します。
      3. ジャンパーJ6(位置1-2)およびJ7(位置1-2)を戻します。

     

    2.     VCONN操作用のファームウェアの更新

     

    i.        PSoC Creatorを使用してPower SDKのプロジェクトCYPD3171-24LQXQ_cla.cywrk開きます。

    ii.      ファイルstack_params.hを開き、マクロ

    #define VCONN_SUPPORT_ENABLE  (1u)

    を図2に示すように編集します。

     

    2. VCONNを有効にするためのマクロの編集

    iii.        ファイルTopDesign.cysch開きます

     

       iv.        [ General ]タブに移動します。ピンVCONN_CC1を右クリックして、[ Enable ]を選択します3に示すように、ピンVCONN_CC2についても繰り返します。

     

    3.ファームウェアでVCONNピンを有効にする

    v.        ファイルTopDesign.cysch開きます。

    vi.        TypeAタブに移動します。

    vii.        ピンBuck_Boost_EN_Aを右クリックして、[ Disable] を選択します。図4に示すように、ピンType_VBUS_A_ENおよびPWM_OUT_Aについても繰り返します。

     

    4.タイプAのピンを無効にする

    viii.        Design Wide Resources CYPD3171-24LQXQ_cla.cydwr > Pins開きます

    ix.        VCONN_CC1をポートP0 [0]に割り当てます。図5に示すように、VCONN_CC2をポートP0 [1]に割り当てます。

     

    5. VCONNピンの割り当て

    x.        プロジェクトをビルドして、新しいhexファイルを生成します。

    xi.        メインボードのJ1MiniProg3を使用してCCG3PAをプログラムします。

     

    電源ボードのJ2ネジ端子に24 V電源を接続し、スイッチをDC入力側にスライドさせます。

     

    注:DCジャック(J1)の代わりに外部電源を使用し、それをJ2端子に接続する必要があります。そうしない場合、VCONN動作がうまくいきません。