パラメータをカスタムコンポーネントから内部コンポーネントにわたす方法 - KBA230047 - Community Translated (JA)

Version 8

    Community Translated by MoTa_728816      Version: **

     

    Translation - English: Passing a parameter from Custom component to an Internal Component – KBA230047

     

    質問:

    カスタムコンポーネントから既存の内部コンポーネントにパラメータをわたすのに、どのように component expression view を使用するのですか?

     

    回答:

    以下の手順でカスタムコンポーネント ("custom_clock") から内部のコンポーネント (この例では clock) にパラメータ ("my_parameter") をわたす方法を示します:

     

    1. プロジェクトを作成して、workspace explorer の component タブへ移動してください。

     

    2. カスタムコンポーネントの回路図 (schematic) ファイルを作成するために:component タブへ移動して、workspace explorer 内のプロジェクトを右クリックし、表示されるポップアップメニューから Add Component Item... を選択します。Add Component Item ダイアログボックスで Implementation の下にある schematic を選択して、コンポーネント名 (custom_clock) を入力してから Create New をクリックしてください。

     

    図 1. ステップ 2

    001-pastedImage_8.png

     

    3. 図 2 のように回路図ファイル上に clock コンポーネントをドラッグ&ドロップしてください。今回はデジタル出力端子 (Digital Terminal Out) を clock コンポーネントに接続します。端子名を Terminal_out と変更してください。必要に応じて好きなコンポーネントを追加することが可能です。

     

    図 2. ステップ 3

    002-Figer2_step3.JPG

     

    4. コンポーネントのシンボルを作成するために、回路図 (.cysch file) の空白部分で右クリックして表示されるポップアップメニューから Generate Symbol を選択してください。これで図 4 のようにカスタムコンポーネントのシンボルが生成されます。

     

    図 3. ステップ 4

    003-pastedImage_30.png

     

    図 4. 生成されたカスタムコンポーネントのシンボル

    004-pastedImage_35.png

     

    5.1. このコンポーネントにパラメータ ("my_parameter") を追加するために、シンボルファイルの空白部分で右クリックをして Symbol parameters を選択します。

     

    図 5.1 .ステップ 5

    004-Figure3-symbol_parameters.JPG

     

    5.2 表示される Parameters Definition ダイアログの右上のプラス( + ) サインをクリックします。

     

    図 5.2. ステップ 5

    005-Parameters_Definitions.JPG

     

    5.3 表示された Create Parameter Definition ボックスの Param name に my_parameter を入力して OK をクリックします。

     

    図 5.3. ステップ 5

    005-pastedImage_49.png

     

    図 6. 新規に追加されたパラメータを表示している Parameter Definition box

    006-pastedImage_51.png

    本例では 'my_parameter’ の値が内部のコンポーネント (clock) にクロックの周波数設定としてわたされます。

     

    6. Tools > Options へ移動してください。Design Entry > Component CatalogEnable Param Edit View box を有効にします。その後 OK をクリックしてください。

     

    図 7.  ステップ 6

    007-pastedImage_61.png

    7. コンポーネントダイアログボックスを開くためにコンポーネント (clock) をダブルクリックしてください。Basic タブを右クリックして表示されるドロップダウンメニューから Show Expression View を選択してください。

     

    図 8. ステップ 7

    008-pastedImage_72.png

    図 9 のようにコンフィグレーションボックスが表示されます。

     

    図 9. show expression view を選択して表示されるコンフィグレーションボックス

    009-pastedImage_82.png

    8. “my_parameter” の値をわたすのに使用される desired_freq の値を “$” で始まるパラメータ名に変更します。例えば “$my_parameter” となります。

     

    図 10. ステップ 8

    010-pastedImage_93.png 

    9. これで作業は終了です。“custom clock” コンポーネントの “my_parameter” の値を変更すると自動的にコンポーネント内にある clock コンポーネントの周波数が変更されます。