PSoC® Creator™ Analog Router: PSoC Creator 4.0 またはそれ以前の版では配線出来ていた複数入力の SAR ADC を使用した PSoC 4 BLE のデザインが PSoC Creator 4.1 ではエラー (E2713: <signal> cannot be placed) になってしまう - KBA220202 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  Motoo Tanaka        Version: **

     

    Translation - English: PSoC® Creator™ Analog Router: PSoC 4 BLE Design with Multi-Channel Sequencing SAR ADC (ADC_SAR_SEQ_P4) Routes in PSoC Creator 4.0 or Previous Version, But Not in 4.1 (E2713: <signal> cannot be placed) - KBA220202

     

    質問:

    PSoC Creator 4.0 またはそれ以前のヴァージョンでは特定の入力ピンとデジタルシグナルインターコネクション (DSI) の間で衝突が発生してしまうような配線を誤って許容していました。これは殆どの場合デザインのエラーになります。発生する状況は:

     

    • ADC_SAR_SEQ_P4 コンポーネントを使用した PSoC 4 BLE のデザイン
    • ADC_SAR_SEQ_P4 が複数入力チャネルを使用
    • 位置がロックされている、ハードウェアでドライブされるデジタル出力ピンで DSI を経由して配線されているときに、ADC_SAR_SEQ_P4 の入力と同じピンインデックスを使用していて、それが Port 2 の場合。例えば、出力ピンが Port 2 のピンインデックス 2 (P2[2]) で、ADC への入力が Port 3、ピンインデックス 2 (P3[2])の時。これは Port 2 と Port 3 の信号でのみ発生する現象で、DSI の配線に起因することにご注意ください。 (はい、とても分かりづらいかも知れません)。

     

    PSoC Creator 4.1 では、以下のようなエラーとして表示されます:

     

    1. E2713: cannot be placed at because the location does not support the required features: . The placer reported an error.
    2. E2055: An error occurred during placement of the design
    3. "C:\Program Files (x86)\Cypress\PSoC Creator\4.1\PSoC Creator\bin/sjplacer.exe" failed (0x00000001)

     

    あるいは、“apr.M0003: Unable to find a solution for the analog routing” といったエラーメッセージに遭遇するかも知れません。

     

    回答:最初にご注意いただくことは PSoC Creator 4.1 はこの衝突を検出して、そのデザインのビルドを許さないということです。例えば、P3[2] が ADC の入力ピンで P2[2] がハードウェアデジタル出力ピンであったと仮定したとき、以下のどれかを行うことが可能です:

     

    1. ピンをアンロック (またピングループをアンロック) して、プレイサー (配置配線) に正しい経路を特定させる
    2. ADC の入力ピンを P3[2] から ADC Port の別のピンインデックスに変更する (お使いのデバイスに合わせてP2[] か P3[])
    3. #2 と同様に、デジタル出力ピンを P2[2] から P1[2] や P1[3] といった、別の場所に変更する

     

    ピン配置を変えたりアンロックするためには -  PSoC Creator の Workspace Explorer から、Design Wide Resource ファイル ([project].cydwr) の Pins タブへ移動します。下記の画面コピーでは ADC_IN0 が P3[2] (Port 3、ピンインデックス 2) に DIGITAL_PIN が P2[2] に設定されています。この衝突を修正するのには、ADC_IN0 を Port 3 の別のピンインデックスに変更するか、DIGITAL_PIN を Port 2 (または使用可能な他の Port) の別のピンインデックスに変更することが出来ます。

     

    001-182851.jpg

     

    より詳細な説明:

     

    ADC が専用のハードウェアシーケンサを使用して複数のチャネルをスキャンするように設定された時 (すなわちチャネルの変更に CPU の関与が不要の場合) 、SAR と入力ピンの間のアナログスイッチは “ハードウェア制御” モデルとして位置づけられます。

     

    このモードでは、二つのデジタル信号の内どちらかに論理ハイ (1) を受け取るとスイッチは閉じます。一つ目の信号は SAR シーケンサハードウェアからの専用制御線です。他方は DSI からの特定の出力ラインです。

     

    SAR が Port 3 に接続されているとしても、SAR 入力スイッチの各ペア (v+ と v-) 用の DSI ラインは DSI からの出力信号を Port 2 にピンのどれかに接続するのに共有されて使用されます。DSI に接続されるピンのインデックスは SAR が接続されているピンのインデックスと一致します。例えば、SAR の入力 P3[3] は P2[3] への DSI 出力と DSI の制御ラインを共有します。

     

    そのため、Port 2 のピンへつながる DSI 出力ラインが ハイ (HIGH) にドライブされた場合、そのラインを制御信号として使用するハードウェア制御 SAR はその入力ピンを SAR に接続します。もしこれが SAR が他の入力ピンをスキャンしている時に発生すると二つの入力ピンがショートされて、ADC の変換結果が不正確になります。