Liunx におけるAP-STAのコンカレント動作の設定方法について - KBA229128 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by KoSa_1909416         Version: **

     

    Translation - English: Setting Up Concurrent APSTA in Linux - KBA229128

     

    質問:
    LinuxベースのWLANチップでコンカレントにAPSTAを設定するにはどうすればよいですか?

     

    回答:
    LinuxベースのシステムがホストのWLANチップに対して、コンカレント動作でアクセスポイント(AP)とSTA(ステーション)を設定するには、
    APSTAの設定手順に進む前に、前提条件としてリストされている以下のユーティリティとドライバーをインストールする必要があります 。

     

    ・サイプレス開発者コミュニティにある最新のFMACドライバーとファームウェア:
     場所は次のリンクをたどってください。

        https://community.cypress.com/docs/DOC-17441

     

    ・iw ユーティリティ :https://wireless.wiki.kernel.org/en/users/documentation/iw

     

    ・wpa_supplicant と wpa_cli:(サプリカントを設定するには、次のリンクをたどってください)

        https://community.cypress.com/community/linux/blog/2018/03/06/supplicant-in-linux

     

    ・hostapd :(デーモンを設定するには、次のリンクをたどってください)

        https://community.cypress.com/community/linux/blog/2017/12/13/setting-up-hostapd-in-linux

     

     

    LinuxベースのWLANチップにAPSTAをインストールするには、次の手順に従います。

     

    1. STAを接続するAPの接続情報を使用してwpa_supplicantデーモンを構成します。
        その為、wpa_suplicant.conf ファイルを変更します。

     

    >>>vi /etc/wpa_supplicant.conf

    ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant

    ctrl_interface_group=0

    update_config=1

     

    network={

    ssid=<YourSSID> #APのssid

    psk=<YourPassphrase> #APのパスワード

     

    2.セットアップするAPの情報に基づいてhostapdデーモンを構成します。

     

    >>> vi /etc/hostapd.conf

    interface=wlan1

    channel=11

    ssid=<Router-Name>

    wpa=1

    wpa_passphrase=<Passphrase>

     

    #上記はhostapd.confへの主な変更点です。

     

     

    3.すでに実行されているwpa_supplicantデーモンを強制終了します。

     

    >>>grep -aux | grep wpa_supplicant

    >>>killall wpa_supplicant

     

    4.サプリカントの既存のインターフェースを削除します。

     

    >>>rm -rf /var/run/wpa_supplicant/wlan0

     

     

    5. APのIPアドレスを設定し、nl80211ドライバーでwpa_supplicantを起動します。

     

    >>>ifconfig wlan0 192.168.1.3

    >>>wpa_supplicant -D nl80211 -i wlan0 -c /etc/wpa_supplicant.conf -B &

     

    6.ネットワークを有効にして、wpa_supplicantのクライアントアプリケーションを使用して接続のステータスを確認します。

     

    >>>wpa_cli -p /var/run/wpa_supplicant -i wlan0 enable_network 0

    >>>wpa_cli -p /var/run/wpa_supplicant -i wlan0 status

     

    7. DHCPサーバーからIPを割り当ててもらうためDHCPクライアントを起動します。 AP / ルーターがサポートしている場合は、ifconfigを使用して静的IPを設定することもできます。

    >>>udhcpc -i wlan0 up

     

     

    8.構成ファイルと4ウェイハンドシェイク用のエントロピーバイナリを使用してhostapdデーモンを実行して、APを設定します。

     

    >>>./hostapd /etc/hostapd.conf -e entropy.bin -B &