S6BT112A CXPIトランシーバー:LINシステムでのS6BT112A評価 – KBA229364 - Community Translated (JA)

Version 7

    Community Translated by NaTa_2243041        Version: **

     

    Translation - English: S6BT112A CXPI Transceiver: Evaluate S6BT112A with LIN System – KBA229364

     

    図1に示すように、S6BT112AにはLINトランシーバーと互換性のあるピン割り当てがあるため、S6BT112Aは、既存のLINシステムのLINトランシーバーをS6BT112Aに置き換えるだけで評価できます。

     

        図1. ピンの割り当て:S6BT112AとLINトランシーバー

     pastedImage_0.png

     

    図2は、既存のLINシステムのLINトランシーバーをS6BT112Aに置き換えるS6BT112A接続の例を示します。

     

    LINシステムでは使用されない 8番ピン (CXPI:SELMS) は、マスターノードでは追加でGNDに接続し、スレーブノードでは5V (MCU電源) に接続する必要があります。

     

    LINシステムでは使用されない 3番ピン (CXPI:CLK) は、マスターノードではボーレート周波数のクロックに接続する必要があります。クロックは、MCUのPWM出力または外部パルスジェネレータです。クロックは、TXD/RXD信号と同期する必要はありません。また、スレーブノードのCXPIトランシーバーの3番ピンは未使用のままにしてください。

     

    2番ピンは、LINトランシーバーと S6BT112A の両方におけるスリープ制御です。S6BT112A をアクティブ状態にして物理層の特性を評価してください。スリープ機能を使用するLINシステムの場合は、MCUポートへの2番ピンの配線を切断し、5V (MCU電源) に再接続する必要があります。スリープ機能を使用しないLINシステムの場合は、2番ピンの配線を変更する必要はありません。

     

                                 図2. 接続例:LINトランシーバーとS6BT112A