PLLオフモード時にQDRを動作させ、QDR IモードでCQとCQ\を使用する方法について - KBA215646 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by YoTa_1693656           Version: **

     

    Translation - English: Operation of QDR in PLL OFF Mode and Use of CQ and CQ\ in QDR I Mode - KBA215646

     

    質問:

    PLLオフモード時にQDRを動作させ、QDR IモードでCQとCQ\を使用させる方法を教えて下さい。

     

    回答:

    PLLオフモード時、QDRはPLLをバイパスしています。

    CQクロックはPLLによって生成されませんが、QDRは入力Kクロックから直接CQクロックを生成しています。また出力読み出しデータは、PLLオフモード中にだけ、CQクロックに対して生成されます。

    出力データはCQクロックのエッジに同期されるので、CQクロックを使用して読み出しデータをキャプチャできます。

    前述のように、CQクロックはKクロックから直接生成されています。

    もしQDR-IモードでCQクロックを使いたい場合は、CQクロックがPLLから生成されなことによる影響があるかもしれないため、QDRに安定したKクロックの供給が必要です。

    サイプレスはPLLオフモード時に120MHz未満でQDRの実行を推奨しています。より高い周波数でのQDRの実行は、推奨されません。

    補足として、PLLオフモードはテストされていませんが、設計によって動作保証をしています。