PSoC® 4とPRoC™ BLE 低電力検討 - KBA224070 - Community Translated (JA)

Version 3

    Community Translated by HiOm_1802421          Version: **

     

    Translation - English: PSoC® 4 and PRoC™ BLE Low Power Consideration – KBA224070

     

    質問:PSoC 4 BLEのディープスリープモードを実現するために重要なステップは何ですか。

     

    回答:PSoC 4 BLEデバイスをディープスリープモードに設定するには、次の手順を実行します。

    1. 「System」の「Debug Select」を「SWD」から「GPIO」に設定してください。
      Image-1.jpg
    2. BLE接続またはアドバタイズインターバル中、システムはディープスリープモードに移行できます。この場合、BLEコンポーネントの低電力モードを有効にする必要があります。
      Image-2.jpg
    3. 低周波クロック (LFCLK) にWCOを選択してください。
      Image-3.jpg
    4. メイン関数の while(1) ループで API CyBle_EnterLPM(CYBLE_BLESS_DEEPSLEEP) を呼び出してください。このAPIは、BLEサブシステム (BLESS) をディープスリープモードにします。BLEスタックは、BLESSをディープスリープモードにすることができるかどうかを確認します。できる場合は、BLESSの状態が CYBLE_BLESS_STATE_DEEPSLEEP または CYBLE_BLESS_STATE_ECO_ON に設定されます。
    5. BLESSの状態がメイン関数の while(1) でディープスリープモードになっているかどうかを確認してください。なっている場合は、アプリケーションをディープスリープモードに設定できるかどうかを確認してください。できる場合は、API CyBle_EnterLPM(CYBLE_BLESS_DEEPSLEEP) を呼び出すことで、チップをディープスリープモードにしてください。
    6. チップがディープスリープモードになる前に、I/OをアナログHi-Zモードに設定してリーク電流を回避し、SPI/I2Cなどのコンポーネントを Component_Sleep() API を呼び出すことでスリープ状態にしてください。
    7. ウェイクアップ後、I/Oを目的のモードに設定し、Component_Wakeup() APIを呼び出してください。
      低電力の詳細とデモプロジェクトについては AN92584 を参照してください。

    BLE接続またはアドバタイズインターバルでは、システムはディープスリープモードに移行することができます。このような場合は、BLE コンポーネントで低電力モードを有効にする必要があります。