PyOCDの問題のトラブルシューティング - KBA228421 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by KoSa_1909416       Version: **

     

    Translation - English: Troubleshooting PyOCD Issues - KBA228421

     

    この記事では、Mbed™OSアプリケーションのデバッグ時に発生するPyOCDに関連した問題について説明します。

     

    PyOCDは、CMSIS-DAPを使用したマイクロ コントローラーのプログラミングとデバッグに使用されるオープンソースのPythonライブラリです。


    サイプレス ターゲットへのサポートは、PyOCDリリース 0.16.1. で追加されました。
    したがって、サイプレスが製造したターゲットをデバッグするには、PyOCDバージョン0.16.1以降が必要です。
    サポートされているプラットフォームのリストは、MBed OSサイプレスパートナーページ Mbed OS Cypress Partner page にあります。

     

    ターミナル ウィンドから次のコマンドを実行して、インストールされているPyOCDのバージョンを確認します。
      ・pyocd - -version

     

    コマンド出力に次のエラーがある場合、

         (1)Error: Unsupported board found 1901

    zu1.jpg

    原因    :0.16.1より古いバージョンを使用すると、次のエラーが発生します。 gdbを使用したターゲットへの接続は失敗します。

    解決策:次のコマンドを使用して、最新の安定したバージョンのPyOCDにアップグレードします。

     ・pipinstall -U pyocd

     

         (2) Error: Operation not supported or unimplemented on this platform

    zu2.jpg

    原因    :PyOCDバージョン0.17.0を使用している可能性があります。 このバグは新しいバージョンで修正されました。

    解決策:PyOCDの最新の安定バージョンにアップグレードします。

     

         (3) Error: AttributeError: 'CY8C6xxA' object has no attribute 'options'

    zu3.png

     

    原因    :PyOCDバージョン0.21.0は、サイプレスのターゲット スクリプトにバグがあると報告されています。

    回避策:C:\ Python \ Lib \ site-packages \ pyocd \ target \ builtin にあるPythonインストールディレクトリの二つのファイル

                   target_CY8C6xx7.pyおよびtarget_CY8C6xxA.pyを更新します。

     

         target_CY8C6xx7.pyの221行目と223行目を次のように変更します。

    zu4.png

     

         target_CY8C6xxA.pyの412行目と414行目に次の変更を加えます。

    zu5.png

     

    解決策:この問題はPyOCDバージョン0.22.0で修正されています。

                  そのバージョン以降にアップグレードしてください。

                  特定のバージョンにアップグレードするには、次のコマンドを使用します

     ・pipinstall pyocd == 0.22.0

     

         (4) Error: Error in services launch sequenceStarting pyOCD GDB Server timed out.

    zu6.png

     

    原因   :キットがDAPLinkモードではありません。 PyOCDは、ターゲットでCMSIS-DAP機能を必要とします。

                  これは、DAPLinkモードを介してサイプレスキットで利用できます。

    解決策: firmware loader を使用して、KitProg3がDAPLinkをサポートする最新バージョンにアップグレードし、

                   モード切り替えボタンを使用してキットをDAPLinkモードに切り替えます。