ファームウェア内のCapSenseレジスタマップへのアクセスと変更 - KBA2226674 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by YoOb_1790021         Version: **

     

    Translation - English: Access and Modify CapSense Register Map in Firmware – KBA2226674

     

    質問:

    CapSense®コンポーネントのバージョン3.0以降でファームウェアを介してCapSense レジスタマップを読み書きするにはどうすればよいですか?

     

    回答:

    GetParam() および SetParam() API関数をそれぞれ使用して、ファームウェア内の CapSenseパラメーターを動的にアクセス、および変更ができます。

     

    読み取り操作:

     

    CapSense_GetParam (uint32 paramId, uint32 * value);

     

    このAPIに引数として次のパラメーターを使用します:

     

    • paramId

         各レジスターの paramIdは、CapSense_<ParameterName>_PARAM_ID として CapSense RegisterMap ヘッダーファイル内で得られます。

    • value

         value は、CapSenseレジスタから取得した値で更新される変数へのポインタです。 書き込み操作: CapSense_SetParam (uint32 paramId, uint32 value); このAPIに引数として次のパラメーターを使用します:

    • paramId

         各レジスターの paramIdは、CapSense_<ParameterName>_PARAM_ID として CapSense RegisterMap ヘッダーファイル内で得られます。

    • value

         CapSenseレジスタで更新される新しい値を保持する変数です。 注意:

    • paramIdのフォーマットの詳細については、CapSenseコンポーネントデータシートを参照してください。また、特定のパラメーターの読み取り/書き込み権限に関する情報も提供しています。

     

    • CapSenseパラメーターを変更した後、コンポーネントの再初期化が必要になる場合があります。この情報は、エクスポートされたレジスタマップファイルの各レジスタとして入手できます。(CapSenseコンポーネントカスタマイザ画面から [Export Register Map] を選択します)。