S6BT112A CXPIトランシーバー:S6BT112A のリセット – KBA229273 - Community Translated (JA)

Version 3

    Community Translated by NaTa_2243041         Version: **

     

    Translation - English: S6BT112A CXPI Transceiver: Reset of S6BT112A – KBA229273

     

    S6BT112A CXPIトランシーバーに外部リセットは必要ありません。

    S6BT112A は、次の2つの条件で自動的にリセットされます。

     

    1. パワーオンリセット

    2. デコード機能は、ノイズにより異常動作が発生した場合にデバイスをリセットします。

     

    次の2つの例を検討してください。

     

    LOW幅の短いバス波形:

    論理値「1」のLOW幅が極端に短い波形がノイズなどの原因で入力された場合、後続の論理値「1」のバス波形は常に論理値「0」と判断されます。

    CXPIプロトコルには存在しない「0」の10ビットの連続データを受信すると、S6BT112A は自動的にリセットされ、リセット後に通常に戻ります。

     

    LOW幅の長いバス波形:

    ノイズによる論理値「1」のLOW幅が長い波形は、S6BT112A ではストアされません。

    内部LOW幅ストレージレジスタが、(ノイズの大きなサージなどの原因により)異常に大きな値に変更された場合は、S6BT112Aは論理値「1」のLOW幅を継続的に検出して平均化し、64クロックごとにレジスタ値をリセットします。

    したがって、バスクロックがある限り、S6BT112A はリセット後に自動的に通常に戻ります。

     

    詳細については、S6BT112A Datasheet を参照してください。