PSoC® 3/ PSoC 4 Lシリーズ / PSoC 5LP 用 ブートローダ dll の作成 - KBA212708 - Community Translated (JA)

Version 3

    Community Translated by  Motoo Tanaka        Version: **

     

    Translation - English: Creating a Bootloader dll for PSoC® 3/ PSoC 4 L-Series / PSoC 5LP - KBA212708

     

    質問:

    1) PSoC 3/ PSoC 4 Lシリーズ/ PSoC 5LP 用ブートローダホストの Bootloader dll の作成方法?

    2) Visual C++ を使用して C ソースファイルから dll を作成する方法?

     

    回答:

     

    1. 新規 C++ DLL プロジェクトを作成してください。(File > New > Project > Visual C++ > Win32 Console Application)

    2. プロジェクトに“BootLoader_Utils”のように、適切な名称を付けてください。

    3. OK をクリック後、Next をクリックして、Win32 Application Wizard を起動します。

    4. Application type は DLL を選択し、Additional options を Empty project に設定します。Finish をクリックします。

    5. Solution Explorer ウィンドウ内で、プロジェクト名 (“BootLoader_Utils”)を右クリックして、Add > Existing Item... を選択します。PSoC Creator のフォルダ  <install folder>\PSoC Creator\x.x\PSoC Creator\cybootloaderutil から、下記のファイルを追加します。

     

      • cybtldr_command.h

      • cybtldr_command.c

      • cybtldr_parse.h

      • cybtldr_parse.c

      • cybtldr_api.h

      • cybtldr_api.c

      • cybtldr_api2.h

      • cybtldr_api2.c

      • cybtldr_command.h

      • cybtldr_command.c

      • cybtldr_utils.h

     

    6. プロジェクト名 (“BootLoader_Utils”)を右クリックして、プロジェクト プロパティにプリプロセッサ デフィニション を追加します。 Project Properties > Configuration Properties > C/C++ > Preprocessor > Preprocessor Definitions > Edit... を選択して、Preprocessor Definitions の一番最後に “_CRT_SECURE_NO_WARNINGS” を追加します。

    7. Build > Build Solution を選択して、プロジェクトをコンパイルします。これで BootLoader_Utils.dll が作成されます。