VTTとVREFの個別給電について - KBA88203 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  YoTa_1693656 Expert        Version: **

     

    Translation - English: Separate Supplies for VTT and VREF – KBA88203

     

    質問:

    QDR™-DDR II/II+/Xtremeデバイスでの設計において、VTT VREF に接続できますか?

     

    回答:

    VTTは、データ、アドレス、制御などの信号が、抵抗を使用して外部で終端される電圧です。

    通常、VTTVDDQ/2です。リファレンス入力電圧であるVREFVDDQ/2です。

    ただし、VTTVREFに接続することは推奨しません。

    代わりに、VTTに個別の電源を給電します。もしVREFVTTに直接接続した場合は、I/OのスイッチングノイズがVREFにカップリングする可能性があります。結果として、ノイズの影響でVREFが不安定になる可能性があります。

    さらに、VTTに高い電流が必要です。

    VTTに必要な電流を計算するには、VTT電力が5 /(16R)x VDDQ^2 x(VTTに終端される入力の数)であることに注意してください。

    ここでRは外部終端抵抗です。この電力をVDDQ で除算して、VTTに必要な電流が決まります。

    以下に引用するアプリケーションノートは、上記の方程式を導き出す方法を示しています。その導出は、On-Die Termination(ODT)を使用して行われ、ODTの電力を示します。外部に終端を挿入すると、同じ方程式が得られます。

    AN42468 − On-Die Termination for QDR™II+/DDRII+ SRAMs