SDK 3.0.1 またはそれ以降に含まれている CCG4 プロジェクトを使用して CCG4M プロジェクトをビルドする - KBA219845 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by Motoo Tanaka      Version: **

     

    質問1:EZ-PD SDK は CCG4M パートナンバーのサンプルプロジェクトをサポートしていますか?

     

    回答:いいえ。

     

    質問2:EZ-PD SDK を使用して CCG4M プロジェクトをビルドするのにはどのようにしたら良いですか?

     

    回答:EZ-PD SDK に含まれている CCG4 ノートブック プロジェクトを CCG4M パート用に移植してください。

     

    質問3:SDK 3.0.1 の CCG4 ファームウェアをどのように変更すると CCG4M をサポートするようにできますか?

     

    回答:

    1. ファームウェアの対象とする CCG4 と CCG4M のパートナンバーとピン配置を特定してください。

     CCG4M データシートの ordering information table によると、CCG4M には二種類のパートナンバーがあります。

    001-Ordering-info.JPG

    CYPD4155-96BZXI のプロジェクトを開発するのには EZ-PD SDK の CYPD4126-40LQXIT プロジェクトを使用してください。

    CYPD4255-96BZXI のプロジェクトを開発するのには EZ-PD SDK の CYPD4226-40LQXIT プロジェクトを使用してください。

     

    2. ファームウェア プロジェクトの TopDesign.cysch で I2C Master コンポーネントが有効になっていることをご確認ください。

    注意:ステップ 3 と 4 については、この KBA に添付されている datamux_ctrl.c をダウンロードして“solution”フォルダにある既存の datamux_ctrl.c と置き換えることも可能です、その場合ステップ 3 と 4 は省略していただけます。

     

    3. CCF4M に内蔵されている USB 3.1 Gen1/DP1.2 Mux の I2C スレーブ アドレスは 0x54 です。

    datamux_ctrl.c 内で I2C スレーブ アドレスを設定している関数で 0x10 と 0x11 を 0x54 に変更してください。

     

    static const uint8_t mux_ps8740_address[NO_OF_TYPEC_PORTS] =

    {

         0x10

    #if CCG_PD_DUALPORT_ENABLE       ,

         0x11

    #endif /* CCG_PD_DUALPORT_ENABLE */

    };

     

    To:

     

    static const uint8_t mux_ps8740_address[NO_OF_TYPEC_PORTS] =

    {

           0x54

    #if CCG_PD_DUALPORT_ENABLE

           0x54

    #endif /* CCG_PD_DUALPORT_ENABLE */

    };

     

     

    4. 外部 SS MUX PS8742B に関する定義や関数を全てコメントするか削除してください。

        そして datamux_ctrl.c ファイル内のコードの “Parade” の分部を “Pericom” に置き換えてください。

     

    5. (CYPD4155-96BZXIのみ) もしターゲットが 単一の Type-C ポートデザイン、パートナンバー CYPD4155-96BZXI の場合、ステップ 6 に進む前に、以下のように PSoC Creator オプションを使用して、ターゲットのパートナンバーを CYPD4126-40LQXIT に変更してください。

     

    a. プロジェクト名を右クリック後、Device Selector を選択してパートナンバーを CYPD4126-40LQXIT から CYPD4226-40LQXIT に変更します。

     

    図 1. Device Selector を使用して、ターゲットデバイスを変更する。

    Figure 1

     

    b. TopDesign.cysch を開いて、Bootloadable コンポーネントを見つけます。bootloader binary を CYPD4126-40LQXIT 用のデフォルトのものから、CYPD4226-40LQXIT 用のものに変更します。

     

     

    図 2. bootloader バイナリの設定

     

     

    6. CYPD4155-96BZXI/ CYPD4255-96BZXI デバイスのピン配置が実際のハードウェア設計と合致しているかを確認してください。Design Wide Resoruces (DWR) の回路図を精査して、CCG4の、ピン、クロック、ハードウェアブロックと回路図上の各要素の対応を確認してください。プロジェクトの DWR 設定を確認するために、CYPD4126_notebook.cydwr ファイルを開いてください。

     

    図 3. Pins の画面

    Figure 3

     

     

    図 3 で示されるように、DWR には複数のタブがあります、それぞれ ピン設定、割込み設定、クロックの選択、フラッシュ メモリの保護などに対応しています。DWR への変更はピン設定だけに留めておくことをお勧めします。クロック、割込み、システム、フラッシュなどの設定は変更しないでください。

     

    下記は CYPD4155-96BZXI/ CYPD4255-96BZXI の GPIO ポートとボール配置の対応表です。

    名称

    CCG4M ボール配置

    GPIO ポート

    GPIO/MUX_CTRL_1_P2

    B7

    P3_7

    GPIO/MUX_CTRL_2_P2

    B8

    P3_6

    GPIO/MUX_CTRL_3_P2

    B9

    P3_5

    HPD_P1/GPIO

    K7

    P2_3

    HPD_P2/GPIO

    E10

    P3_4

    I2C_INT_AR_P1

    F2

    P1_4

    I2C_INT_AR_P2

    G2

    P1_5

    I2C_INT_EC

    L5

    P2_2

    I2C_SCL_SCB1_EC

    L6

    P0_1

    I2C_SCL_SCB2_AR/GPIO

    E2

    P1_0

    I2C_SDA_SCB1_EC

    K6

    P0_0

    I2C_SDA_SCB2_AR/GPIO

    D2

    P1_3

    OVP_TRIP_P1/VSEL_2_P1

    K5

    P2_1

    OVP_TRIP_P2

    L8

    P3_0

    SCL_3/VCONN_MON_P2/VSEL_1_P2

    L10

    P2_7

    SCL_4

    F10

    P3_3

    SDA_3/GPIO

    J10

    P2_6

    SDA_4

    G10

    P3_2

    SWD_CLK/I2C_CFG_EC

    C2

    P1_2

    SWD_IO/AR_RST#

    B2

    P1_1

    VBUS_C_CTRL_P1

    K4

    P1_7

    VBUS_C_CTRL_P2

    B5

    P4_1

    VBUS_DISCHARGE_P1

    K8

    P2_5

    VBUS_DISCHARGE_P2

    B3

    P4_3

    VBUS_MON_P1/GPIO

    L4

    P2_0

    VBUS_MON_P2

    B6

    P4_0

    VBUS_P_CTRL_P1

    K3

    P1_6

    VBUS_P_CTRL_P2

    B4

    P4_2

    VCONN_MON_P1/GPIO/VSEL_1_P1

    L7

    P2_4

    VSEL_2_P2/GPIO

    H10

    P3_1

     

    7. 変更を全て保存後にプロジェクトを再ビルドしてください。

    二つの動作確認済みの CCG4M 用サンプルがこのドキュメントの添付に含まれています。

    (ccg4m_example_projects.zip)