フライバック コンバータ ソリューションにおける1次側制御に対する2次側制御の利点 - KBA227974 - Community Translated (JA)

Version 3

    Community Translated by  keni_4440091 Expert       Version: **

     

    Translation - English: Advantages of Secondary Side Control over Primary Side Control in Flyback Converter Solutions – KBA227974

     

    質問: フライバック コンバータ ソリューションにおいて1次側制御  (PSC) に対する2次側制御の利点を教えてください。

     

    回答: PSCは低コストのフライバック コンバータ ソリューションを使用しており、従来の電源アダプタシステムには十分であることが証明されています。しかし、USB-PDや他の高速充電プロトコルの登場、より高出力電力と効率の要求、および最新の制御方式により、SSCはほとんどのソリューションで最適な選択となっています。PSCに対するSSCの利点は次のとおりです。

    • PSCはアナログフィードバックパスの絶縁デバイスとしてオプトカプラを使用しています。このモデルのフォトダイオード‐フォトトランジスタのペアでは帯域幅が制限されており、精度が低く、時間と温度による劣化を受けます。改良されたモデルは大幅にコストが上がります。
    • SSC2次側から1次側にPWM制御信号を直接つなぐためにパルスエッジトランスフォーマーを使用しています。これは安価で堅牢なオプションです。パルストランスフォーマーは、オプトアイソレータと比較して帯域幅が広く、高いPWM周波数での動作に優れています。
    • SSCはレギュレーションに電圧モード制御を使用しています。これは、PSCの電流モード制御と比較して広い負荷範囲でのレギュレーションをサポートします。
    • SSCは効率を改善できます。サイプレスSSC PAG1Sはさまざまな負荷条件に対してベストな効率の動作点を選択できます。1つのパラメータではなく、VBUSの電圧と電流 (IOUT) の両方を測定します。したがって、出力電力POUTを効率的に測定し、ベストな効率で動作します。
    • SSCの設計はオプトアイソレータからの追加のポールがないため比較的単純です。設計者は1つのポールだけを補償する必要があります。PAG1Sは同期整流器 (SR)、レギュレーション、電源供給制御 (PD) を単一の2次側制御と統合することで設計がさらに簡素化されます。
    • SSCはアナログフィードバックループにオプトカプラのような帯域幅制限コンポーネントがないため、より優れた過渡負荷応答を実現するオプションがあります。これにより、違いが顕著になる高周波数での動作が可能になります。