CCGxデバイスへVBUS電圧の供給が必須な理由を教えてください。一般的なアプリケーションではどのように行われますか?– KBA229727 - Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by  keni_4440091        Version: **

     

    Translation - English: Why Is It Mandatory to Provide VBUS Voltage for CCGx Devices – KBA229727

     

    質問:

    CCGxデバイスへVBUS電圧の供給が必須な理由を教えてください。一般的なアプリケーションではどのように行われますか?

     

    回答:

    CCGxデバイス (CCG1CCG2、およびCCG4を除く) には、一般的に、エンドアプリケーションのVBUS入力に接続する必要があるVBUS_INまたはVBUS_MONITORピンがあります。CCGxデバイスのファームウェアは通常、デバイスが印加されたVBUS電圧を検出するまで実行を開始しません。Type-Cポートで実行する必要があるすべてのアクションは、供給されるVBUS電圧の有効性と値に依存します。VBUS電圧は、VBUS過電圧保護 (OVP) および低電圧保護 (UVP) 機能だけでなく、ポートポリシーエンジンの状態転送の入力としても使用できます。これは、顧客が設計しているエンドアプリケーションにVBUS OVP/UVP機能が必要かどうかとは無関係です。

     

    CCGxデバイスには入力VBUS電圧を監視する2つの方法があります。

     

    1. 外部メソッド (CCGxチップの外側)

    VBUS信号に100kΩ 1% (または10kΩ 1%) および10kΩ 1% (または1kΩ 1%) を使用した抵抗分圧器ネットワークを追加し、表1に記載するデフォルトのピンまたは図1に示すCCGxデバイスの利用可能な任意のGPIOピンに接続します。抵抗分圧器比率は変更しないことを推奨します。

     

    1VBUSの抵抗分圧器ネットワーク

     

    この方法はCCGxデバイス(CCG1, CCG2, CCG3, CCG3PA, CCG4, CCG5, CCG6) に対応します。

     

    2. 内部メソッド (CCGxチップの内部)

    いくつかのCCGxデバイス (CCG3, CCG3PA, CCG5, CCG6) VBUS監視用の内蔵抵抗分圧器ネットワークを持っています。各CCGxデバイスの内蔵抵抗分圧器ネットワークをサポートするデフォルトピンを表1に示します。

     

    1: VBUS監視用外部/内部メソッドに対応するCCGxデバイスリスト

     

    CCGx

    外部メソッド

    内部メソッド

    CCGxデバイスに対応するデフォルトピン

    CCG1

    Yes

    No

    Pin#35 (40QFN)
    Pin#C4 (35WCSP)

    CCG2

    Yes

    No

    Pin#17 (24QFN)

    CCG3

    Yes

    Yes

    Pin#B1 (42CSP)
    Pin#25 (32QFN)
    Pin#31 (40QFN)

    CCG3PA

    Yes

    Yes

    VBUS_IN_DISCHARGE
    VBUS_C_DISCHARGE

    CCG4

    Yes

    No

    Pin#3 (24QFN)
    Pin#L4, Pin#B6 (96BGA)
    Pin#13, Pin#37 (40QFN)

    CCG5/5C

    Yes

    Yes

    Pin#22 (40QFN)
    Pin#D1 Pin#L3 (96BGA)

    CCG6

    Yes

    Yes

    Pin#22 (40QFN)
    Pin#A10, A11, B10, B11,
    C10, C11, D10, D11,
    E10, E11 (96QFN)

     

    したがって、上記方法のいずれかを使用してCCGxのファームウェアはVBUS電圧を検出し、通常の動作とファームウェアの実行を開始します。