ModusToolbox に Eclipse プラグインをインストールする - KBA227614- Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MoTa_728816          Version: **

     

    質問:

    ModusToolbox Eclipse プラグインをインストールしたいのですが、どのようにしたら良いでしょうか

     

    回答:

    ModusToolbox™ 1.1 Eclipse Oxygen Platform をベースにしています。全ての Eclipse のリリースはソフトウェアレポジトリを含むレポジトリサイトを提供しています。Eclipse Oxygen ヴァージョンのソフトウェアレポジトリ URL http://download.eclipse.org/releases/oxygen/ です。

     

    Eclipse プラグインをインストールには下記の手順に従ってください

     

    1. ークスペースを指定して ModusToolbox を起動してください。空の Project Explorer が開きます。メニューから Help > Install New Software を選択してください

    2. テキストボックス Work with にソフトウェアレポジトリの URL を入力して Enter を押してください。

    3.  好きなプラグインをダウンロードするのには、フィルタセクションにプラグインの名前を入力してください。例えば TM Terminal プラグインをダウンロードするのには、フィルタに TM Terminal と入力してください。すると TM Terminal のプラグインが一覧表示されます

    4. 必要なプラグインを選択して Next をクリックしてください。

    5. Next を再度クリックして、ライセンスアグリーメントに承諾し、Finishをクリックしてください。

    6. ModusToolbox の再起動を確認するダイアログが表示されます。 Restart Now  をクリックしてください。

    これで ModusToolbox でプラグインが見えるようになりました。今回の例では、 メニューの Window > Preferences > Terminal TM Terminal が表示され、そこで設定が可能になります。

    もし当該プラグインが表示 (プラグインのドキュメント参照) をサポートしている場合には、メニューから Window > Show View > Other を選択します

    TM Terminal は端末アプリケーションですので、シリアル通信を表示するターミナルビューを持ちます

    Terminal を選択して Open をクリックしてください。

    ーミナルを起動するのには Terminal ウィンドウの中で、Terminal アイコンをクリックしてください。

    ーミナルのタイプを選択して、目的のアプリケーションに合わせて設定を行い、OK をクリックします。これで ModusToolbox 用の内部シリアルターミナルを作成したことになります

     

    ModusToolbox はとてもフレキシブルで、簡単にプラグインを統合することが出来ます