S6BP501AとS6BP502AでのSBDの必要性 – KBA223619 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by : YoTa_1693656          Version: **

     

    質問:

    S6BP501AまたはS6BP502Aを使用した電源管理システムを設計する際、部品表 (BOM) コストを下げるためにショットキーバリアダイオード (SBD) を省くことはできますか?

     

    回答:

    いいえ、できません。VOUT55Vである出力設定に達すると、S6BP501A (またS6BP502A) は、スイッチング動作を維持するために、VIN-VB 端子間の内部レギュレータであるREGOFFし、VOUT5からの電圧を使用します。REGは、VINの電圧に関係なくOFFになります。したがって、もしSBDを省いてVOUT5-VDD/VB接続をオープンにした場合、スイッチング動作を制御するVBVDDの電圧は維持できません。これによりスイッチング動作が停止します。さらに、もしSBDを省いてVOUT5-VDD/VB接続を短絡した場合、DD5Vがスイッチングを開始する前にVOUT5VREGからの5Vが印加されます。その結果、DD5Vは過電圧保護を検知し、スイッチング動作は開始しません。以上のことから、設計において必ずSBD使用してください。VBUnder Voltage Lockout (UVLO) を避けるためには、順方向電圧 (Vf) の低いSBDが必要であることに注意してください。