S25FL064Lのデフォルト シリアルSDRモードからクアッドモードまたは QPIモードへの変更 - KBA222445 - Community Translated (JA)

Version 5

    Community Translated by: KaKi_1384211          Version: **

     

    【質問】

    S25FL064LをデフォルトのSDRモードからクアッド I/Oモードまたは QPIモードに変更する方法を教えてください。

     

    【回答】

    クアッドNVビット (CR1NV[1]) :

    クアッドデータ幅 (Quad_NV) ビットは、Configuration Register-1 NVbit1 (CR1NV[1]) にあります。CR1NV[1]=1に設定すると、フラッシュがクアッド入力/出力 (QIO) モードになります。

    これにより、フラッシュはデュアルおよびクアッド入力/出力 (1-2-2および1-4-4) コマンドと同様に、デュアルおよびクアッド出力 (1-1-2および1-1-4) コマンドを認識して受け入れることが可能になります。電源投入時に、CR1NV[7:0] bit値がCR1V[7:0] にコピーされ、CR1V[7:0] のデフォルト値に設定されます。

     

    QPI_NVビット (CR2NV[3]) :

    クアッドペリフェラルインターフェース (QPI_NV) ビットは、Configuration Register-2 NVbit3 (CR2NV[3]) あります。CR2NV[3]=1に設定することによって、フラッシュがすぐにQPIモードで起動できます。

    QPIモードでは、命令、アドレスおよびデータは4ビット幅 (4-4-4) で転送されます。電源投入時に、CR2NV[7:0] のビット値がCR2V[7:0] にコピーされ、CR2V[7:0] のデフォルト値に設定されます。

     

    クアッドNVビット (CR1NV[1]) = 1 およびQPI_NVビット (CR2NV[3]) のプログラミング :

    1) WREN (05h) コマンドを開始します (自動的にWELビットが1 に設定(SR1V[1] = 1) されます)

    ** : 揮発性レジスタの書き込みイネーブル (WRENV : 50h) コマンドは、SR1V[1] WELビットを 1 設定しません

    2) WRR (01h) コマンドを開始します。(SR1NV[1]”02h” が入力、CR1NV[1]“02h” が入力、CR2NV[3]“68h” が入力され、CR3NVはデフォルト値のまま。)

    新しくプログラミングされた不揮発性レジスタのbit値は以下の通りです。

    SR1NV = 02h (WEL_D bit-1 = 1 にプログラム)

    CR1NV = 02h (QUAD_NV bit-1 = 1 にプログラム)

    CR2NV = 68h (QPI_NV bit-3 = 1 にプログラムQPI 4-4-4プロトコルが必要な場合に設定)

    CR3NV = 78h (WrapLatency設定に変更がないとき、デフォルトの78hのままの場合があります)

     

    パワーオンリセット (POR)、ハードウェアリセット、またはソフトウェアリセット時に不揮発性 (NV) レジスタのビット値は、揮発性レジスタにコピーされ、揮発性レジスタのデフォルト値になります。ただし、Status Register-2 (SR2V) にはユーザーがプログラムできる不揮発性ビットがなく、定義されたすべてのビットは揮発性の読み出し専用ステータスであることに注意してください。電源投入時のSR2Vビットのデフォルト値は “0” ですが、ステータス値はハードウェアによって設定されます。

    不揮発性レジスタが消去され、新しいビット値で再プログラムされるたびに、揮発性レジスタはそれぞれ同じ新しいビット値に更新されます。

     

    揮発性レジスタは、不揮発性レジスタのビット値です。

    SR1NV = 02h (WEL_D bit-1 = 1WRENによって設定。05hコマンド)

    CR1NV = 02h (Quad I/O mode bit = 1)

    CR2NV = 68h (QPI bit = 1QPI 4-4-4プロトコルが有効)

    “X” = ドントケア。CR1V[1] ビットは “1” または “0” のいずれかです。CR2V[3] = 1の場合、QPIモードがアクティブになり、CR1V[1] の設定に関係なく独立して動作します。

     

    参考資料 :

    S25FL064Lデータシート:

        http://www.cypress.com/file/316661/download