CYBT-343151-EVAL 用プラットフォームファイル - KBA226799 - Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by kama_1693131          Version: **

     

    質問:

    WICED® Studio 6.2.1またはそれ以降のバージョン

    CYBT-333032-EVAL向けにはどのプラットフォームファイルを使用すべきでしょうか

     

    回答:

    CYBT-333032-EVA kitBluetooth Smart readyとして全て統合され、認証された無線モジュールです(CYBT-333032-01)

    WICED® Studio 6.2.1では以下の変更を行うことでCYBT-333032-EVA kitを使用開始できます。

     

    1.このKBAに添付されているCYBT_333032_EVAL_PLATFORM_FILES.zipをダウンロードします

    2.ダウンロードされたファイルを保存し実行します

    3.解凍したフォルダ内でCYBT_333032_EVAL_PLATFORM_FILES\platformsへ移動します。

    CYBT_333032_EVALのフォルダをコピーし、WICED Studio 6.2.1の下記ディレクトリへ、ペーストします

    …\ WICED-Studio-6.2\20706-A2_Bluetooth\platforms\

    4.1 WICED Studio 6.2.1内のフォルダの場所の説明です

     

     

    1 プロジェクトのフォルダの場所

     

    5.下記フォルダへ移動します。

    CYBT_333032_EVAL_PLATFORM_FILES\Wiced-BT\tier2\brcm\libraries\lib\20703

    次にFM25Q04_sflash.aをコピーします

    6.コピーしたFM25Q04_sflash.a2で示すように以下のディレクトリへペーストします

    …\WICED-Studio-6.2\20706-A2_Bluetooth\Wiced-BT\tier2\brcm\libraries\lib\20703\

     

    2. FM25Q04_sflash.aのファイルの場所

     

    7.ーザーのアプリケーションプロジェクト内のmakefile.mkFM25Q04_sflash.aをインクルードさせます

    3では例としてhello_sensor applicationプロジェクトを使用しています。

    もしアプリケーションファームウェアがNVRAMwrite又はreadを行う場合FM25Q04_sflash.aは必ずmake file内でインクルードさせてください

    CYBT-333032-01ではシリアルフラッシュデバイス(NVRAM)を使用できるようになっています)

     

    3. APP_PATCHES_AND_LIBS += FM25Q04_sflash. a

    WICED® Studio 6.2.1内でCYBT-333032価キット向けのプロジェクトをビルドする場合には下記を選択します

    demo.hello_sensor-CYBT_333032_EVAL download