PSoC 4 CapSense コンポーネントのVREF - KBA220609 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by : JuIn_1625121          Version: **

     

    質問:

    PSoC® 4 CapSense® コンポーネントのVREF は変更できますか?

     

    回答:

    VREF の値は、PSoC 4 SシリーズおよびPSoCアナログ コプロセッサファミリを除いたすべてのPSoC 4ファミリで、1.2Vに固定されています。PSoC 4 SシリーズおよびPSoCアナログコプロセッサファミリの場合は、VREF 0.6VからVDDA – 0.6Vまで変化します。詳しくは、AN85951を参照してください。

     

     

    質問:

    PSoC 4 SシリーズのVREF どのようにすれば変更できますか?

     

    回答:

    有効な値の範囲は1.2VからVDDA-0.6Vの間す。ここでのVDDAは、DesignWide Resources (*.cydwr)System editorで設定されたVDDAピンの入力電圧です。

    デフォルトでは、基準電圧値 (VREF) VDDAに依存します。

    VDDA < 2.6 V: VREF = 1.2 V

    1. 2.6 V ≤ VDDA < 3.2 V: VREF = 1.4769 V
    2. 3.2 V ≤ VDDA < 4.7 V: VREF = 2.0211 V

    VDDA ≥ 4.7 V: VREF = 2.7429 V

    もし他のVREFの値必要場合は、Cypressの営業または技術サポートまでご連絡ください。

     

     

    参考資料:

    PSoC® 4 and PSoC Analog Coprocessor CapSense® Design Guide