PSoC® 4000 ファミリの I/O システムの制約 - KBA91258 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MoTa_728816          Version: **

     

    質問

    PSoC® 4000 I/O システムは他の PSoC 4 ファミリと比較してどう違うのでしょうか

    ピンの使用方法にする制約はどのようなものがあるのでしょうか

     

    回答

    PSoC 4000 ファミリは PSoC 4 キテクチャの中でも最小のメンバで、他の多くのファミリと比較すると縮小された I/O  と配線システムを有しています。 PSoC 4000 ファミリでは デジタルシステムインタコネクト (DSI) 装されておらず、ピンの配線は全てハイスピド入出力マトリクス (HSIOM) に委ねられています。このためこのデバイスのハドウェアリソスは入出力信用ピンになっています

    縮小された I/O と配線システムに加えて、このファミリは16-ピン QFNパッケジでは 3本の I/O で分割された VDDIO パワドメインをサポトしています。この VDDIO ドメインは 4100/4200 ファミリには存在しません。詳細については PSoC® 4: PSoC 4000 Family Datasheet "Power" 節をご照ください

    本ナレッジベスドキュメントは I/O の制約についてだけ明しています。I/O システムにする合的な詳細について PSoC 4000 Family Technical Reference Manual の第7 “I/O System” をご照ください

     

    ピンにする制約

    CapSense® ピン:

    デバイス上の使用可能なピンがすべてが CapSense I/O 対応しているわけではありません。Port 3 のピン (P3[0], P3[1], P3[2]) CapSense や シルドとして使用できません。例えば、24ピン QFN のデバイスの使用可能な 20ピンの I/O CapSense に使用できる I/O 17本 だけとなります。表1 にパッケの使用可能 I/O CapSense 対応を示します

    1. パッケ CapSense I/O 対応状

    用ピン

    タイマカウンタパルス幅調モジュレ (TCPWM) ブロック、シリアルコミュニケションブロック、コンパレタ出力は入力出力の配線が用ピンとなっています。(アナログマルチプレクサに接可能なコンパレタの入力と CapSense 対応 I/O ピンは例外となります) 。使用可能なピンのオプションについては PSoC® 4: PSoC 4000 Family Datasheet “Pinouts” 節をご照ください。 2 に一のスナップショットを示します

     

    2. PSoC 4000 ピン解

    P1[6] の特別な機

    PSoC 4000 ファミリの全てのデバイスにおいて、P1[6] は電源投入時、デバイスがスタトアップコドに入るまで約 100 ms の期間、暫定的に XRES ピンとして設定されます。電源投入時 P1[6]

    をプルダウンしてはいけません (例えば、アクティブハイの LED に接するなど) 、その場合リセット信が常にアサトされていることになるため、電源投入後もデバイスはリセット(XRES) ステトに入ったままになってしまうからです