動的に CapSense のスキャン解像度を変更する - KBA228336- Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MoTa_728816          Version: **

     

    スキャン解像度の更は行時に感度を最適化する方法の一つです。スキャン解像度はシステムの初期化後に CapSense® RAM タ構造に保存されます。各ウィジェットのスキャン解像度については CapSense_Cofiguration.h の中に記載されます。スキャン解像度を更後CapSense_Start() 行は必須ではありません。Cypress はスキャン解像度を更した場合、以下のコドを行してロウカウント(raw counts) と ベスライン (baselines) が新規の正しい位置にあることの確認することを推しています

     

    例えば、Widget Button 0 のスキャン解像度を 12-bit から 13-bit

     

    /* 解像度を 12u から 13u 更する  */

    CapSense_dsRam.wdgtList.button0.resolution = 13u;

    /* スラインを再度初期化するに以下のコドを行する  */

    CapSense_ScanAllWidgets();

    while(CapSense_NOT_BUSY != CapSense_IsBusy())

    {}

    CapSense_ProcessAllWidgets();

    CapSense_FtInitialize();

    CapSense_InitializeAllBaselines();

    /* スラインを再度初期化するために上記のコドを行する */

     

    再校正も必須ではありません。スキャン解像度の更後、CapSense はスキャン時間を倍にしたり半分にしたりして、大小のロウカウントを生成します。この理において IDAC は解像度の更に寄しません

     

    考文

     

    PSoC 4 Capacitive Sensing (CapSense® CSD) Component Datasheet

    AN85951 - PSoC® 4 and PSoC® 6 MCU CapSense® Design Guide