ModusToolbox での Git バージョンコントロール - KBA226845- Community Translated (JA)

Version 2

    Community Translated by  MoTa_728816          Version: **

     

    ModusToolbox™ Eclipse プロジェクト用の Git をセットアップして使用するには以降の手順にしたがってください

     

    ステップ 1: Git プラグインをアップデトす

     

    ModusToolbox にはデフォルトで Git (v4.8.0) が組みまれています。最新版のプラグインを入手するには、Help > Install New Software を使用して下記のように http://download.eclipse.org/egit/updates を追加してください

     

    表示されるウィンドウにはアップデ/インストルが可能なプラグインが表示されます。必要なプラグインを選して Next をクリックしてください

     

    スクリン上の指示にって、ライセンス契約に合意して、インストルを完了します。その後、 更を有にするために ModusToolbox を再起動します

     

    ステップ 2: Git にプロジェクトを追加す

    コントロルキを押下しながら Git に追加したいプロジェクトを選んでください, そして右クリックをして Team > Share Project を選します

     

     

    ご注意: Git に何をチェックインするかについては重になってください。こリンクCan I use an Eclipse IDE with a version control system?という節をご照ください

     

    その後、新しいリポジトリを作成するために Create をクリックします。下記のようにプロジェクトに使用するディレクトリを入力します

     

    下記のようにプロジェクトの全ファイルが存在する目的の場所 (Target Location) に注意してください。プロジェクトのファイルは現在のワクスペスディレクトリには存在しなくなります

     

     

    Finish をクリックします。プロジェクトの全てのファイルは以下に表示されているように Git ステタスアイコンが付くことに注意してください

     

    NO-HEAD ラベルは Git の設定がまだ完了していないことを示しています。小さなクエスチョンマクシンボルはプロジェクトがまだコミットされていないことを示します

     

    ステップ 3: ファイルをコミットす

    プロジェクトのファイルを右クリックして、Team > Add to index を選します

     

    全てのクエスチョンマクシンボルが“+”化するのをごいただけるでしょう。これは全てのファイルを下記に示されているようにステジング(Staging)エリアに追加します。もしステジされていない更があった場合、それはそのファイルがまだインデックスに追加されていないということです。もしステジングエリアが見えない場合には、 Window > Show view > Other > Git > Git Staging を選してください

     

     

    更にするコミットメッセジを追加してください。これはファイルを閲覧する人すべてにする更ログとして機能します。 Commit をクリックします

     

    ステップ 4: オンラインレポジトリを作成する(部のVCSを使用している場合には必須ではありません)

     

    Github Bitbucket のような評判の良いウェブホスティングサビスのどれかにパブリックレポジトリを作成します。これらのサイトにログインした時の認証情報をえておいてください。今回は、“Git_MT_Workspace” という名のレポジトリが作成されました

     

    ステップ 5: オンラインレポジトリにファイルをプッシュす

     

    これまでのところではすべての更はロカルレポジトリで行われました。次にこの更をオンラインレポジトリにプッシュ (push) します。プロジェクトファイルを右クリックして Team > Push を選してください。表示されるダイアログに、レポジトリへの URL を追加して、Authentication 以下に認証情報 (名、パスワ) を入力してください。Store in secure store のボックスにチェックを入れることで以降の使用のためにこの情報を記憶させておくことも可能です。下記に明されているようにファイルをプッシュするために面上の指示にってください

     

    ご注意:これは初回のコミット用です。以降のプッシュでは“Git Staging” ウィンドウ “Commit and Push” をクリックすることが出ます

     

     

    もし何らかの失敗があった場合、考えられる失敗の原因は

     

    ・当該ファイルにオンラインで何等かの更があったが現在のプロジェクトがその更版まで到達していない。この問題を解決するのにはプロジェクトファイルを右クリックして Pull を選します。これですべての最新版のファイルがプロジェクトレポジトリにダウンロドされます。もし下記のように up to date と表示されたなら、オンラインのレポジトリと同期がとれているということです。この時点で更をプッシュすることが可能です

     

     

    オンラインレポジトリにするアクセス制限が起きているかもしれません。ウェブホスティングサビスでアクセスをパブリック(public) にするか、プライベトレポジトリの場合には認証方法を確認してください

     

    プッシュが成功すると、オンラインレポジトリにファイルがコミットメッセジとともに表示されます

     

    追加情

    プロジェクトに適用された更を追うのには、プロジェクトファイルを右クリックして Team > Show in history を選します。それぞれのコミットを選することでその更にする詳細が得られます

     

     

    更間の比較をするのにはHistory ウィンドウCompare Modeシンボルをクリックします

     

    比較ウィンドウを表示するのには、ファイルをダブルクリックします

     

     

    最後に、ヴァジョンコントロルを無にするのには、プロジェクトファイルを右クリックして Team > Disconnect を選します