PSoC 4 での時間周期測定 - KBA87496- Community Translated (JA)

Version 3

    Community Translated by  MoTa_728816          Version: **

     

    質問

    PSoC 4 で時間周期を測定するのにはどうしたら良いのですか

     

    回答

    多くのアプリケションで二つのイベントのインタバル時間を測定する必要があります。PSoC 4 では時間周期を測定するのに、タイマ、カウンタ、PWM (Pulse-width modulator (TCPWM))のキャプチャ機能などを使用できます

     

    本ドキュメントに添付のサンプルプロジェクトはボタンを押すイベントのよって生する2回の立下りエッジの時間インタバルを測定する例です。GlitchFilter は機械的なボタンの押下によって生するグリッチを除去してデモの使用感を向上します。これは測定象がグリッチを含まない単発のエッジであれば省略可能です。 1は回路のスクリンショットです

     

    基本的な原理の詳細については、PSoC 3 / PSoC 5LP のナレッジベスドキュメンTime Period Measurement をご照ください

     

    1. サンプルプロジェクト回路

    1 はサンプルプロジェクトで使用されたコンポネントの一です

     

    1. 使用されたコンポネン

     

    インスタンス名

    コンポーネント

    コンポーネント カテゴリー

    Counter

    Timer Counter (TCPWM mode)

    Digital > Functions

    立ち上りエッジでキャプチャする、アップカウンタとして設定

    UART

    以下のファミリの UART (SCB ード) : PSoC4000S, PSoC 4100/4200 PSoC 4100M/4200M PSoC4200L PSoC 4100BLE/ 4200BLE

    Communications

    PC に二つのイベントの時間間隔を送信する。設定:ボーレート: 115200; ータビット: 8; パリティ:無し;ストップビット: 1。時間の値を見るのにはシリアルポートビューアなら何でも使用可能

    PSoC 4000 ファミリのソフトウェア送信 UART

    Communications

    PC に二つのイベントの時間間隔を送信する。設定:ボーレート:115200; ピン設定方法: Static 時間の値を見るのにはシリアルポートビューアなら何でも使用可能

    Pin_InputSignal

    Digital Input Pin

    Ports and Pins

    号入力用ディジタルピ

    ISR_Counter

    Interrupt

    System

    キャプチャとターミナルカウント用割込

    Clock_C

    Clock

    System

    カウンタコンポーネントのクロックとして、3 MHz に設定。クロックの周波数を高くとって精度の向上を図っています

    Clock_G

    Clock

    System

    GlitchFilter コンポーネントのクロックとして 1 kHz に設定。

    0

    Logic Low ‘0’

    Digital > Logic

    GlitchFilter reset を無効にするのに使用

    GlitchFilter

    Glitch Filter は以下のファミリで使用: PSoC 4200 PSoC 4200M PSoC 4200L PSoC 4200BLE

    Digital > Utility

    入力クロック 1 MHz に設定。

     

    注意: Glitch Filter を搭載していないデバイスファミリでは、GlitchFilter 連する部品は削除してください、そして Pin_InputSignal のタミナルを直接 Counter コンポネントの capture ミナルに結線してください。アプリケションで生しうるグリッチを除去したい場合にはファムウェアで理するなど、他の何らかの手法を適用する必要があります

     

    サンプルプロジェクトは PSoC 4200 デバイスファミリ用で、CY8CKIT-042 を使用して設計されています。動作確認は PSoC Creator™ 3.2 で行われました。UART 出力を見るためにキットに搭載されている PSoC 5LP USB-UART ブリッジをご使用いただけます。内蔵 USB-UART ブリッジの使用法についてはキットガイドをご照ください。他の PSoC 4 デバイスファミリにへの装も同です;異なるデバイスファミリにはそのファミリに該するキットをご使用ください

     

    UART 出力を見るのには HyperTerminal のようなシリアルポトビュアプログラムをご使用いただけます。 2にこのプロジェクトに必要な設定を示します。 3は 期待される UART 出力です

     

    2. HyperTerminal の設

     

    3. 期待される UART