CYBT-343026-EVALの低消費電力モードの実装および消費電流測定方法について - Community Translated (JA)

Version 3

    Community Translated by  KoKi_1693136          Version: **

     

    質問

    CYBT-343026-EVAL
    低消費電力ドを有にするにはどのようにしたらいいでしょうか

    また、電流をどのように測定したらよいでしょうか。


    回答

    CYBT-423028-EVAL
    キットは認証みの完全に統合された Bluetooth Smart Ready 対応のワイヤレスモジュ (CYBT-343026-01) が含まれています。

    KBAでは、hello_sensorを修正したサンプルアプリケション(hello_sensor_lowpower)を使用して、Low Powerドを有にする方法を明します



    サンプルアプリケションによるLow Power以下の手順を行ってください


    1.WICED® Studio SDKのアプリケションプロジェクトにヘッダファイル(wiced_power_save.h)を含めてください

           
    #include “wiced_power_save.h”

    2.CYBT-343026-01モジュルを低消費電力ドにるために全ての機においてスタックに呼ばれるコルバック関数を宣言してください

          
    static uint32_t LPB_power_save_approve_callback(void);

    3.アプリケションプロジェクトの初期化のコルバック関数を登してください

          
    wiced_power_save_register_approve_cback(LPB_power_save_approve_callback);

    4.低消費電力ドを有にするため、初期化の最後に下記の関数呼び出してください

          
    wiced_sleep_config( WICED_TRUE, NULL, NULL );

    5.デバイスが低消費電力ドに移行るために全ての機においてを返せるようにコルバック関数装してください

          uint32_t LPB_power_save_approve_callback()
        
    {
         return 1; /* Return 1 to approve going into low power mode */
       }


    CYBT-343026-01
    モジュールの消費電力を最適化するオプション下記に示します

    アプリケションの要求にじて、アプリケションプロジェクトすべてのタイマを無にするか、タイムアウトを大きくする

    最終製品でUARTを必要としていなければ、UARTの初期化をコメントアウトもしくは削除する

        
    // wiced_transport_init( &transport_cfg );

    ク電流を避けるため未使用のGPIOHi-Zであることを確認する

    電流測定中はCYBT-343026-EVALSW4 (HCI_UART) SW5 (PUART)の全てのスイッチをオフにします。ファムウェアダウンロ時は、SW4 (HCI_UART)の全てのスイッチはオンにする