ウォッチドッグタイマを使用してPSoC 3/5LP をリセットする – Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MoTa_728816          Version: *A

     

     

    質問:

    ウォッチドッグタイマ (WDT) を使用して PSoC 3 または 5LP をリセットするのにはどのようにしたら良いですか?

     

    回答:

    PSoC 3 または PSoC 5LP WDT 機能はCyWdtStart CyWdtClear 2つの APIを使用して実装できます。ハードウェアによって実装されている WDT はひとたび有効にされると、タイマに対するいかなる変更も受けつけません。また、タイマをひとたび有効にすると無効にすることが出来ません、これにより誤ったプログラムから WDT が変更されてしまうことを防いでいます。

     

    WDT に使用されている API に関する詳細は System Reference Guide からご覧いただけます

    (PSoC Creator > Help > System Reference Guides > PSoC 3 / PSoC 5LP System Reference Guide - cy_boot Component v5.50).

    例えば、通常のアプリケーションでは最初に WDT を有効にします。

     

    CyWdtStart(CYWDT_1024_TICKS,CYWDT_LPMODE_NOCHANGE);

    これは WDT の周期を 2.0483.072秒に設定します。以降、この時間内に WDT が確実にクリアされる必要があります。さもなければ、デバイスはリセットされます。

    よって、2.0483.072秒毎に CyWdtClear() API を呼んで WDT をクリアする必要があります。