動作時ジャンクション温度 (Tj) の算出方法 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MoTa_728816          Version : **

     

    質問:

    動作時ジャンクション温度 (Tj) はどのように算出するのでしょうか?

     

    回答:

    動作時ジャンクション温度 Tj は与えられた動作条件における集積回路の温度です。あるデバイスの動作時ジャンクション温度Tj を算出するためには、そのデバイスの正確なƟJA値を特定する為に正しいパッケージタイプ(LAA064, FAB024, SOC008)が必要です、また通常の消費電力(Pd) mWが必要です。これらの情報から Tj は下記の式で算出されます。

     

    Tj = TA + (ƟJA) × (Pd)

     

    ここで、

     

                ƟJA = ジャンクション対環境温度の熱抵抗値 (シータ JA)ƟJA値はCypress のウェブサイトにあるCypress Customer Reliability Qualification Summary に記載されています。

     

    TA = 動作時環境温度 (実際のデバイスの温度グレード)

     

    Pd = 電圧(V) x 電流(I)。通常の電圧と電流の値はデータシートに記載されています。

     

    計算例:

     

                S25FS512SAGBHI210 フラッシュデバイス 25ピンBGAパッケージの熱抵抗:

                            ƟJA = 39/W

     

                動作条件:

                            電圧 = 2.0 V

                            電流 = 70 mA

     

    よって消費電力は:

     

                            Pd = (2.0 V x 70 mA) = 140 mW

     

           前出の公式より、動作時のジャンクション温度は下記のように算出されます。

     

                            Tj = 85 + (39/W) x (140 mW) = 90.46