USB Type-C コネクタに必要な終端抵抗 – Community Translated (JA)

Community Translated by  MoTa_728816          Version : **

 

質問USB Type-C コネクタに内蔵されている終端抵抗 Rp, Rd, Ra にはどのような意味がありますか?

Rp, Rd, Ra に使用されている抵抗の値を教えてください。

 

回答ホストコンピュータのような、Downstream facing port (DFP) には、そのCCピン (CC1 CC2)にプルアップ終端抵抗 Rp があります。周辺機器のような、Upstream facing port  (UFP) には、CC ピンにプルダウン終端抵抗Rd があります。これらCCピン上の Rp, Rd 終端抵抗の目的は DFP to UFPコネクションを特定することと、通信に使用される CC ピンを特定することです。そのために、DFP は両方の CC ピンから自らの CC ピンの未終端時の電圧より低い電圧になるものを監視します。

 

kba13.png

 

UFP Rd の値は5.1 kΩに固定されています。下記テーブルに、 Type-C ポートの電流供給能力と Rp に接続されている電圧に基づいた DFP Rp の値を示します。

                                                                                                   

   

    4.75 V – 5.5 V でのプルアップ抵抗

   3.3 V ± 5% でのプルアップ抵抗

     デフォルトUSB 電力

     56 kΩ ± 20%

     36 kΩ ± 20%

     1.5 A at 5 V

     22 kΩ ± 5%

     12 kΩ ± 5%

     3.0 A at 5 V

     10 kΩ ± 5%

     4.7 kΩ ± 5%

 

DFP に電力の供給が必要なことを知らせるために、Type-C ケーブルはプルダウン終端抵抗 (Ra) VCONNピンに持つ必要があります。

DFP Rd  Ra の存在の有無を検出して UFP がアタッチされているか、どこにVCONN を供給するかを判断する必要があります。Ra が検出されない場合、DFP VCONN を供給する必要はありません。

                                                  

 

最小インピーダンス

最大インピーダンス

     Ra

     800 Ω

     1.2 kΩ

 

Cypress CCG1および CCG2 デバイスには、コネクション検出フェーズが終了後に、Type-C システムの総電力消費を低減するために、Ra 抵抗を外す機能があります。