ADCでのINLとDNLとは - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  MoTa_728816          Version : **

     

    質問 ADCでの、INLDNLの意味を教えてください。


    回答
    DNL -
    微分非直線性誤差 (Differential Non-Linearity):
    理想的なADCの出力は、幅を持った2N乗のステップに分割されます。この理想値からのずれを DNL (微分非直線性誤差)と呼び、カウント値として表現されます。DNL ADC の個々の構造に起因するため、キャリブレーションの実行ではDNL は除去できません。

    INL - 積分非直線性誤差 (Integral Non-Linearity):
    DNL
    を積算したものが総積分非直線性誤差です。これはADCの理想的な出力スロープからの最大偏差(ずれ)として定義され、その値のステップの中心値との差として測定されます。この値はカウント値として表現されます。INL ADC の個々の構造に起因するため、キャリブレーションの実行では、この影響は除去できません。これらの誤差の詳細については添付のドキュメントを参照してください