Type-CケーブルのeMarker - KBA98430 - Community Translated (JA)

Version 4

    Version: **

     

    Translation - Japanese: E-marking on Type-C Cables - KBA98430

     

    質問:

    両端が Type-C のケーブルに E-marker ICは、どのような条件下で必要ですか?両端が Type-C のケーブルの両端に E-marker IC が必要なのは、どの様な場合ですか?

     

    回答:

    両端が Type-C のケーブルの E-marking(Type-Cコントローラー付き)は、以下の条件下で必要です:

    • その Type-C ケーブルが3A以上の電流をサポートする必要がある場合
    • その Type-C ケーブルがフル機能のケーブルの場合、つまり、ケーブルがUSB 3.1 Gen1または、USB 3.1 Gen2シグナル伝達のいずれかをサポートしている場合

    Type-C パッシブ ケーブル品の場合、ケーブルの一端に E-marker IC があれば十分です。USB高速データ信号を再調整するためにリドライバなどの追加の電子機器が必要な Type-C アクティブ ケーブルの設計では、ケーブルの両端に E-marker IC が必要になります。アクティブ ケーブル設計では、ケーブルの両端に異なるアクティブ機能を持たせることができます。DFPはケーブルのクエリ(問い合わせ)をして、ケーブルの両端でサポートされている機能を確認します。