PLLクロックジッターの車載向けMCU CAN精度に対する影響 – KBA222406

Version 7

    Version: **

     

    Translation - English: PLL Clock Jitter Impact on CAN Precision in Auto MCU – KBA222406

     

    Question:

    PLLクロックがCANペリフェラルに使用されている場合、PLL クロックのジッターがCAN精度の仕様にあっているかを検 証する方法は?

     

    Answer:

    PLL ジッターのCAN精度に対する影響の評価には、下記式を使用してください。

     

                     df jitter = t jitter / (10 x NBT) ,

     

    tjitter は完全な間隔としてのPLL クロックのジッター(製品のデータシートに記載されているCAN PLL ジッター)です。NBTNominal Bit Time (与えられたCANビットレートの逆数)です。  の値はドリフトと等価で、クリスタルまたはレゾネーターのオシレータドリフト値に加算されます。

     

                  df total = df jitter + df oscillator .

     

    下記に、S6J3120PLL クロックがCAN精度の仕様にあっているかの検証例を示します。

     

    :

              CANバス ビットレート = 500 kbps,

              CAN PLL ジッター = ±10ns  (tPJ  S6J3120シリーズ データシートのAC特性より),

          外部クリスタルのオシレータドリフト値   df oscillator   = ±0.01% (一般的なクリスタルサプライヤからの値),

          許容されるCAN ノード周波数公差   df  = ±0.3%.

     

    相対的なPLL ジッター間隔 ±10 nsでは、完全な間隔は t jitter  = 20ns  です。500 kbpsのビットレートでは、 NBT = (1/500 kbps) = 2 µsです。

     

                 df jitter  = 20ns / (10×2us) = ±0.1%

                 df total  = 0.1% + 0.01% = ±0.11% < df  = ±0.3%,

     

    以上より、S6J3120 CAN PLLジッターはCANの仕様を満たしています。